FC2ブログ

アキバでメイドの夢を見る

Part.22 Remains


初めて、かなちゃんって呼ばれた時の事は鮮明に覚えています。
私は、丁度暗黒時代真っ盛りで、どうにかしなくちゃと必死になればなるほど、自分自身も、周りの何一つも許せなかった時でした。
第一は先輩なんだから、しっかりしなくちゃという気持ちが先行したものの、その後に次いで出た「だって早く仲良くなりたいんだもん」って言葉で、そんなプライドとかは全く無くなってしまい、そっから、なかなか色々なことをひとりでこなしがちな私は、お陰様で最高速でゆかりと友達になれました。

自分はやっぱり根はオタクで、メイド喫茶は自分なりの居場所です。ひとそれぞれが、そこに自分なりの居場所を感じているはずです。ゆっくりと過ごせるから、お気に入りのメイドさんがいるから、アニメに囲まれた場所にいたいから、色々あると思います。
その中でもサロンは、少しだけ社会から飛び出てしまった人たち(失礼っすね)の居場所になりました。なんとなくこのまま家に帰りたくないな、少しでも面白いことがあったらいいな、大人になりきれない大人達、そんな人達の場所です。
私は、面白いことを真っ先に起こしたいし、ゆかりんは、辛い時に優しくしてあげたい、そんな2人で2年弱深夜の秋葉原に誰かの居場所を作ってきました。大袈裟ですけど。
みんなに愛される空間を作ることって、やっぱり難しいし、悩んでいたこともわかっていたけど、最終的に集まったあのすげー人数は、他のなんでもない、悩みながら向き合ってきたことの答えだとおもいます。

最後に気づいたこと、やっぱり私は一緒に頑張ってくれるひとが必要だったんだってこと。一緒にいっぱい頑張ってくれてありがとう。
あの時、入ってきたのが、ゆかりじゃなかったら、今もうここにいることはなかったって私は思います。何もかもが許せないまま、志半ばで、普通の社会人になっていたと思います。まだ、ここにいるのは、紛れもなく、サロンが好きだからです。
ゆかり、こうめさん、研修生さん、集まってくる人達、みんな変だけど(私は違います)私は全部大好きです。
何より、悩んだり、大変だったり、色々なことがあったけど、クソくだらない下ネタはなしたりとか、歌いながら笑いながら夜明けの秋葉原を歩いたこととか、一緒に過ごした時間は全部全部楽しくて仕方なかったです。まゆみさんに2人が出勤するとバックルームがうるさいなぁ〜と言われたこと忘れません。

最後にカチューシャ返す時、小さい声で「先でごめん」って言ってたの、きこえてたよ。「幸せになってね」って言ったのきこえてたかな。
ごめんね、って言うけど、そんなことないんだよ。こんなに優しい場所を、残してくれてありがとう。人の幸せばっかり願ってないで、ちゃんと幸せになってね。

やっぱり、あまり実感はないけど、また日々の中で、少しずつ実感して、受け入れて、また当たり前がはじまっていくんだろうけど、自分がここにいる限りは、残してくれた優しい空間が、少しでもあり続けるように、みんなの心の中にしまわれた優しい思い出が、たまに滲むきっかけになるように、と思います。

ゆかりんにもらったいっぱいのものは、多分まだ返しきれてないと思う。だから、何かあったらすぐに返しに行くからね。私が渡した分のが増えたら返してね(笑)そうやって、ずっと友達でいてほしいです。

卒業おめでとう。
メイリッシュを選んでくれて、サロンを選んでくれて、出会ってくれてありがとう。


20190701034417303.jpeg
2019070103443720c.jpeg
201907010344507f3.jpeg
201907010345201b7.jpeg
20190701035149de1.jpeg

スポンサーサイト



未分類 | コメント:0 |
| ホーム |